体験・交流活動

2018.9.23

これから和牛飼育を目指す若者達を受け入れての研修。

山本節がさく裂します。

2018年7月14日-15日

周南市の福川子どもクラブと山大ボランティアサークル「トムソーヤーズ」約50名が宿泊体験にやって来ました。

1日目は、里山でしっかり遊ぶ!

秘密基地を造る。川で魚を釣る。川の生き物を調べる。

夜は、ドラム缶風呂に入る。羽釜でご飯を炊く。カレー?を作る。

沢山のメニューをマイペースで楽しい時間を過ごしたようです。

それにしても、暑かったです。

2017年11月25日

山口県森林環境活動サポート事業を活用して、森林づくり体験交流活動を行いました。

参加してくれたのは、周南市の福川こどもクラブ 小学生メンバー40名とボランティアスタッフ21名。法人は6名のスタッフ。山口農林事務所森林部の専門家も支援していただき、里山を堪能しました。

<事業メニュー>

植樹 イチョウ 5本、 ヤマモミジ 5本、山桜10本

羽釜で炊き込みご飯、大鍋で豚汁  昼休みには和牛とのふれあい体験

間伐見学、枝野切り落とし体験、枝を使って秘密基地づくり

山本さんへの質問

ふりかえり

 

2017年11月11日

柿の収穫。先を割った竹で高いところにある柿を上手にもぎ取ります。

1頭の和牛がすかさず近くをウロウロ。落として割れてしまった柿を投げてやると美味しそうに食べます。渋くないの?

2017年8月19日

山口県森林環境活動サポート事業を活用して、森林づくり体験交流活動を行いました。

小学生親子を一般公募し、竹林整備を兼ねた竹の伐採を体験し、切り倒した竹を使って器や箸を作りました。

大きな竹の節を皆で取り除き樋として、沢水を使ってソーメン流しで涼しい森林体験をすることができました。

午後は、やまぐち昆虫楽会 角田正明会長を講師として野外講習会を開催し、牛の作った牛道を歩きながら、多くの昆虫を観察し、その生態を理解することができました。

観察終了後は、ふるさと牧場竹林にあるシイタケの榾木で繁殖したカブトムシの生態、種類、一生、飼育方法を教わり、参加者に提供しました。大切に育ててください。